今さら読書「火花」

不動産部前島でございます。

よく行くスーパー銭湯の休憩室に、

ちょっと前の本のベストセラーがいくつか置いてあります。

お風呂上りに読書することが最近のお気に入りのわたくし、

ここで読んだ感想をほんの少しだけ披露したいと思った訳でございます。

今回の作品は「火花」です。

映画化やドラマ化していたことは知っておりました。

ですが、観たことはありません。

そちらの俳優陣のイメージで本を読みたくありませんでしたので、

読んでいた期間は情報をシャットアウトすることに務めました。

物語の方はといいますと、たんたんと進みます。

少々浮世離れしたお笑い芸人さんという世界で、

もがき続ける若者のお話です。

栄光なき挫折…といったところでしょうか。

わたくしにも若かりし頃に、似たような経験がございます。

そういった経験がある方には、少し心を救われるような、また

そういった経験がない方にも、

少し気持ちを理解してもらえるような

そんな作品でございます。

 

そして、「から好し」さんへ

不動産部前島でございます。

大好きな「どでん」さんへ行けなかった当社の伊部くんと、

古賀くんとわたくしの3人は、

その足で最近できたばかりのから揚げ専門店

「から好し」さんに行くことになりました。

美味しいから揚げ定食を堪能しております。

テーブル上の壺の中には、いかの塩辛がありまして、

こちらが予想を上回る味でございます。

なんならごはんだけを注文して、

おかずはいかの塩辛だけで充分かもと思ったりしてしまいます。

プロレスラーの故橋本真也さんが、

笑っていいとものテレフォンショッキングに出演した時に

「いかの塩辛があれば、ごはん何杯でもいけます」

みたいなことを、タモリさんに言っていたのを思い出します。

ちなみになのですが、

当社の古賀くんは、から揚げを8コぐらい食べていました。

若いって素晴らしい。

 

『どでん派』復活

不動産部前島でございます。

先日、当社の伊部くんと古賀くんと3人で、さいたま市緑区三室のラーメン屋さん「どでん」さんに行きました。

久しぶりの「どでん」さんでございます。

心踊ります、イエイ。

到着すると、ガビーン!

なんと定休日でした。

ガビーン!

 

閉じられたシャッターに這うように両手をつき、

「あぁぁ」と言いながら、ひざから崩れ落ちたのは言うまでもありません。

当社の伊部くんと古賀くんは、そんなわたくしを、

ただ見ていました。

ただただ、見ていました。

そんなわたくしを…。